2018年6月16日土曜日

『世田谷・宍戸園のハチミツ』販売会のお知らせ

みなさま、お待たせいたしました!
世田谷成城で果樹園とバラ園、養蜂場を営む『宍戸園』さんの
濃厚で芳醇なハチミツの販売会を今年もご紹介できる事となりました!

『宍戸園』とは世田谷区の成城で300年以上続く歴史ある農家です。

「本当にここは東京!?」
と、疑う程に閑静な住宅街の一角には静かで穏やかなイギリスの田園風景のような景色が広がっています。

宍戸園に一歩足を踏み入れると梅の香りや柑橘類の爽やかで甘酸っぱい香りが広がり、
入り口に立つ樹齢50年程の桜の木が大きく腕を広げて優しく向かい入れてくれました。
現在は果樹園として無農薬のブルーベリーやベルガモット、レモン、オレンジを育てています。

また栽培が大変難しく「バラの女王」と言われている香り高いダマスクローズの栽培など、
規模を広げず丁寧に自然のあるままの姿でと、すべて自然農法で育てています。


宍戸園オーナーの宍戸健晃さんは、300年代々家に続く農業の職を継ぎ、
さらに西洋ミツバチの養蜂を新たに始められました。
そんな宍戸園の代表作といえば、せたがやふるさと区民祭りにて世田谷にゆかりのある
逸品を集めた『世田谷みやげ』の品評会で金賞を受賞した『Seijo Honey』です。
世田谷区の「ふるさと納税」返礼品に採用されています。


通常より高い糖度 85.5度以上という『Seijo Honey』は、
熱を加えずに作るローハニーの完熟蜜です。

加熱殺菌処理を行なっている蜂蜜よりも、香りが高く口当たりも良い上、
栄養素が豊富で美容効果もとても高く、
処理にとても手間が掛かる大変に貴重なハチミツです。

宍戸さんは遠心分離機に入れゆっくり丁寧に手で攪拌してゆき、
一瓶ずつ作業しています。

蜂蜜は濃厚な甘さとともに、独特の風味を持ちます。
これは蜂蜜に含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸、有機酸、酵素などの
微量成分に由来しており、とくに宍戸園の17箱の巣箱で大切に育てられた蜂たちは
ブルーベリーや柑橘類、ダマスクローズなどの濃厚な花々の蜜をたっぷりと含んだ
香り高いフルーティなハチミツを作るのです。

今回、月光舎ではそんな宍戸園さんの代表作『Seijo Honey』を中心に、
大変稀少で手間ひま掛けた逸品を5日間限定にてご紹介させて頂きます。


宍戸さんは言います。

宍戸園では野鳥たちが集まり自由に木々にとまり果実をついばみます。
そんな鳥たちも自然の一部。駆除する事なく受け入れ果実を食べさせます。
時に1/3程食べられてしまう事もあるそう!
けれど鳥たちの身体を通って排出される種たちは質の良い養分となり土に還ります。


木々にストレスを与えず自然のままに本来のサイクルや成長を遮らず育てていく事こそが自然農法。

そして毎年、梅→桜→バラ→ブルーベリー→柑橘類→と、
季節毎に順に花々果実が咲き、土は循環してゆきます。
互いに作用し合い土は活かされ植物は育ちます。
時間をかけて作られたそのサイクルの中で宍戸園の蜂たちは
蜜を集め大切に温めハチミツを作ります。

なんて、理にかなったサイクルなのでしょう。
そしてそれは当たり前のようで失われつつあるとても贅沢な事。

食物に生かされる私たちが動植物たちから学ぶ事を実践されている宍戸園。
世田谷の住宅街の中で理念を貫き300年を越えて尚、
大地や動植物と向き合う宍戸園のお味をぜひご堪能下さいませ。


『世田谷・宍戸園のハチミツ』
日時:6/28(木)〜7/2(月)5日間限り
12:00~18:00
場所:月光舎

2018年6月1日金曜日

北海道のアスパラ販売のお知らせ



この時期の北海道の旬野菜と言えば、アスパラガス!

今年も月光舎にて北海道士別市の農家さん直送
新鮮もぎたてアスパラ販売を2日間限りとなりますが開催致します。

月光舎でも毎年恒例となりましたアスパラ市ですが、
毎年2日目の早めの時間に完売してしまいます。

その訳は…、やはり美味しいから。

みずみずしくて濃い甘さに一度食べると、
こんなに違うの⁉︎と驚かれる方が年々続出です。

やっぱり北海道の大地の味は他とはちょっと違います。
ぜひ、食べ比べてみてください。

毎年売り切れてしまっていたので今年こそは店主も
家族でアスパラを食べたいー!と昨年よりも多めに農家さまに注文しております。

みなさまのご来店をお待ち致しております。


『北海道グリーンアスパラ市 2018』
日時 6/9(土)〜6/10(日) 12:00〜18:00
※ 日曜日は雨の予報のため、11:00 OPENといたします。
場所 月光舎


6月の営業カレンダーのお知らせ

あお=イベント開催日、ピンク=定休日


いよいよ、6月に突入ですね。そして梅雨入りの季節です。
憂鬱になりがちな湿気とどんより雨の暗い空をどうやって楽しく乗り越えようか。
頭がすっきりとする香りを炊いてみたり、インドアライフをじっくり楽しむもよし。
月光舎では、梅雨に負けじと美味しくハッピーになれる催しを予定しております。

まずは9日、10日の2日間限り、毎年恒例となりました北海道の春のお味、
『北海道のグリーンアスパラ市』を今年も開催致します。
甘く濃いお味の北海道のアスパラをぜひご賞味下さいませ。

そして、6月後半には、昨年開催して大好評いただきました、
世田谷成城の養蜂農園『宍戸園のハチミツ』販売会を
6/28 (木)〜7/2 (月)まで開催致します。

美味しいアスパラとハチミツでパワーチャージして梅雨を乗り越えましょう!


2018年5月19日土曜日

京都 JAMMINの『チャリティTシャツ受注会 2018』のご案内



京都発のチャリティデザインブランド『JAMMIN』。

 "社会をよくしたいと思う人の気持ちを、少しずつ・たくさん集めて、
ほんのちょっとでも社会をより良くしていきたい"という願いを込めて、
出会った人たちが即興で奏でるJAM SESSIONが語源の
”JAMMIN”という名のブランドを立ち上げました。

そして継続して少しでも役に立てるようにとアイテム全てをチャリティーにし、
いろんな問題解決に果敢に挑戦されているNGO/NPOの団体へ寄付をされています。

さらにチャリティーとしてだけではなく
アイテムとしての価値を感じてもらえるブランドでありたいと考え、
日常生活で何気なく使っているものに着目し、
チャリティーアイテムを日常のファッションに取り入れ、
自分らしさを表現して欲しい。と、内面的な美しさを表現した
コンシャスなライフスタイルを目指しています。

そして今回、JAMMINさんの活動を通じて月光舎がご提供させて頂くお品は、
これからの季節とても身近であり夏を感じるアイテム『Tシャツ』です。
毎年ご好評いただき、今年で3年目のご紹介となります。

今回は家族の為のTシャツを初め、
初めてのBaby&KidsサイズのTシャツも登場いたします。

そのため皆様にとってより身近な家族・動物・子供たちに関係する
チャリティー先を選ばせていただきました。

皆さまが月光舎にてJAMMINさんのTシャツをご購入下さると、
ご購入金額の一部が寄付されるという仕組みになります。
より身近で、より分かりやすいチャリティーをJAMMINは目指しています。

ぜひ、ご支援をお願い致します。


<主なチャリティ先とデザイン>

NPO法人ファザーリング・ジャパン
「笑っている父親が、社会を変える」。
社会を変えるために、お父さんの「働き方」を改革する


NPO法人子どもの村東北*
社会的養護が必要な子どものために、「新しいモデルケース」を作ろうとするNPO。


NPO法人マドレボニータ*
母となった女性が自分らしく生きるために「産後ケア」が大切。産後から世界を変える。


一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会*
超高齢少子多死時代において「持続可能な社会」を目指す。


NPO法人World Theater Project
発展途上国の子どもたちへ。「生きる目的」を届ける移動映画館。


NPO法人アスイク*
人との「つながり」を提供、貧困家庭の子どもを地域で見守り、一人にしない。


キャンサーネットジャパン*
がんになっても「選択肢」を持ち、自分らしく生きられる社会に。


ピースワンコジャパン(NPO法人ピースウィンズ・ジャパン)*
人と犬が力を合わせて社会を元気にする地域にしたい。犬と愛犬家にとっての「楽園」であることを目指す


公益財団法人日本野鳥の会
野鳥の立場から、自然環境を守る。「野鳥と人間が共存する社会」を目指して。



その他、JAMMINさんオリジナルのかっこいいデザインのTシャツが並びます。
どうぞ、お楽しみに!


(お写真のカラーやサイズは参考商品となり実際の商品と異なる場合がございます)


JAMMIN

〒610-0343 京都府京田辺市大住池ノ谷45-1
info@jammin.co.jp
JAMMINのチャリティTシャツ受注会 2018
期間:5/24(木)~5/31(木)
5/29・30の火曜・水曜日は定休日となります
時間:12:00~1800
場所:月光舎


2018年5月5日土曜日

5月の営業カレンダーのご案内

あお=イベント開催日、ピンク=定休日

5月は先月から引き続き、『GEKKOSHA 6th Anniversary Fair』を
5/7(月)まで開催しております。

その後は、ジュートバッグ、サマーハットやキャップ、
カラフルなサンダル各種、夏物のファッションアイテムが続々と入荷致します。
お写真は既に入荷済みの帽子やターバンです。

そして、24日からは月光舎で夏の定番の人気者となりました、
京都発のチャリティーデザインブランド『JAMMIN』さんの
Tシャツ受注イベントが開催されます。

今回は家族のためのTシャツを様々な色やデザインでご紹介いたします。
初のKIDS,BABYラインも登場いたします。
詳しくは近日、ご紹介致します。

5月の月光舎もアイテム目白押しです。
どうぞお楽しみに!


2018年4月21日土曜日

GEKKOSHA 6th Anniversary Fair 4/26(木)より開催いたします!


6年前、2012年の4月28日に月光舎は誕生しました。
みなさまのご愛顧へ感謝の気持ちを込めてこの度、
『月光舎 6th ANNIVERSARY FAIR 〜Kamikawa Region says Hello!〜
春の上川地方から』を開催致します。

月光舎店主のふるさとでもあり、四方を豊かな自然に囲まれた
北海道の真ん中あたり、旭川を中心とした「上川地方」。

この場所から生まれる物づくりは、長く厳しい冬を通して
自然と向かい合ってきた暮らしに根付いたものであり、
なにより自然へのリスペクトが感じられるものばかり。

その中から月光舎が厳選した食品、コスメ、クラフト作品を
ご紹介した特別な企画展となります。


<ご紹介のお品>

旭川の老舗太田写真場にて日曜日だけ販売される「jojoni」
風土にあった素材を使い実直で芯のあるお味を作り出す幻の天然酵母パンです。
(4/29までの要予約。お渡し日5/5.6となります。詳細は月光舎まで)


旭川の老舗日本茶屋の3代目が始めた「USAGIYA」
新しいスタイルの日本茶とボトルを。
   (4/28~30, 月光舎の店頭にて焙じ茶実演の試飲会を開催致します)


林業が盛んな下川町の北海道モミの精油から生まれる「NALUQ」
下川町森林組合の一事業としてスタートした「フプの森」より、
ボディクリームやリネンウォーターなどの自然のコスメを。


旭川の老舗醸造元「キッコーニホン」
北海道の素材が感じられるお醤油やドレッシング、懐かしい醤油味のお菓子たちを。
 

富良野からはじまり札幌へ「HITOHARI」。
 使う人の事を考えシンプルな中に本質が見える鞄を丁寧にハンドメイドする帆布鞄。


北海道の物づくりを通して、「ああ、やっぱり北海道は面白い!」
そう皆さまに思って頂けましたら幸いです。

皆様のお越しを心よりお待ち致しております。


craft & vintage GEKKOSHA 6 th Anniversary Fair
Hello from Spring Kamikawa Region!』

期間:4/26(木)~5/7(月)
5/1・2の火曜・水曜日は定休日となります
時間:12:00~1800
場所:月光舎

2018年4月20日金曜日

GEKKOSHA 6th Anniversary Fair 〜HITOHARI 〜

 ©  HITOHARI
HITOHARI

鞄職人 福田昌彦さんが2006年に北海道富良野でスタートさせた
ハンドメイド・クラフトブランド『HITOHARI(一針)』。

世の中で、見過ごされているカケラたち。それは、たとえばデニムのスソ。
新品であるにも関わらず、余分だから、という理由で切り離され、
捨てられていたものたち。

そのカケラを集めて、新たな命を吹き込み、生活を彩っていく。
「もったいないもの」を「もちたい」ものに。
「使えないもの」を「使える」ものに。

そうしてスタートしたHITOHARIの鞄作りは、
2014年より帆布生地を使用した製品をラインナップに追加し、
カラーバリエーション・サイズ・用途の幅を格段に広げました。

ファッション性だけを追求するでもなく。
あくまで「日常を、あなたとともに過ごす道具」という視点に立ち、
使い心地、機能性に特にこだわり、すべてハンドメイドで作り上げます。
それらは、素材がバラバラ。
だから、世界にひとつしかない1点ものになります。

さらに、それがみなさまの手に渡り、使い込まれていくにつれて
替わりのきかない存在になっていけば。そんな想いを一針一針に込めて、
日々、製品が生み出しされています。

現在は、富良野から札幌へと拠点を移し、
人々の暮らしの中で、使い手に寄り添う作品づくりを目指しています。


<お取り扱い商品>

FLAT TOTE
snow peakの焚き火台を収納する為に作ったマチの少ない大きなトートバッグ。
外側両面のポケットは鉈(なた)やノコギリ、手袋の収納に。
またスケッチブックと画材を入れたり、雑誌やレコードの持ち運びにと
「薄くて大きい」ものに最適。
Size:S / M
S / 5,300 Yen + Tax
M / 6,400 Yen + Tax

BACK PACK
使用しているパラフィン帆布・レザー・真鍮はどれも使うことで味わいが増していく素材。
色褪せたり、くすんだり、柔らかくなったり、そんな変化を楽しんでもらえます。
エイジングは天然素材の魅力ですが、強度が必要な部分はナイロン素材を使い耐久性も◎。
本体に直接アクセスできるサイドジッパーにより使い勝手も向上しています。
Size:H 45cm×W 27cm×D 18cm
20,000 Yen + Tax

DAY PACK
ファスナーの2つあるスライダーは“尻合わせ”と呼ばれる配置になっており、
ファスナーを閉じると2個のスライダーは真逆の位置に。
これにより、ファスナーを開けようとした時に常に決まった位置にスライダーがあるため、
スライダーの位置を探すのに手間どることもありません。
背負った状態から肩紐を片方だけ外して荷物の出し入れする時にも便利な配置です。 
ポケットには少しだけマチをついており、お財布やケータイなど厚みが3cm程度なら
内側に膨らむので、バッグ本体のフォルムには影響が出にくい構造です。
Size:H 45cm×W 25cm×D 11cm
16,000 Yen + Tax

BASIC TOTE
「ものを運ぶ」という意味のTOTE。
そんな「バッグの基本」とも言えるトートバッグをHITOHARIのセンスで仕上げました。
SはA4が横向きに余裕を持って入ります。
Mはこれひとつで気軽に出掛けられる安心感のあるサイズ。
全サイズ外側両面にポケットあり。
帆布を使用していながら単色で仕上げたことで
フォーマルやなファッションにも合わせやすいスタイリッシュな鞄。
Size:XS / S / M
XS / 4,000 Yen + Tax
S / 5,000 Yen + Tax
M / 7,000 Yen + Tax

FLAT POUCH
マチのないぺたんこでスタイリッシュなポーチ。
口は真鍮のスナップボタンできもちよく開閉でき、中にしきりがひとつ。
Sは通帳や文庫本がすっぽり収まるサイズ。化粧品やペンケースとしても。
Mはたっぷり入るポーチとして。レシートやメモ、名刺、ショップカードなど
紙類の収納・整理にも便利。また、クラッチバッグのように使うのも。
Size:M / L
M / 2,500 Yen + Tax
L / 2,900 Yen + Tax



福田昌彦さん(Masahiko Fukuda)
1980年横浜生まれ。物を作るのが好きだった少年は、大学進学のため、青森へ。
山岳部で活動しながら、国内・海外での一人旅を繰り返す。
その時の自転車旅行がきっかけとなり、初めて自転車用バッグを自ら製作。
卒業後、京都でメッセンジャーや人力車の車夫を経験したのち、
アウトドアガイドとして、2003年に北海道は富良野に移住。
そこで2006年からデニムのスソをつかったバッグ、「スソ」の製作をスタート。
現在は、東京をはじめとした各都市での展示会にも出展を重ねている。

HITOHARI
工房本店
〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西17丁目1-19
Wed.-Sun. 12:00-19:00
TEL:011-301-8395
http://hitohari.com


craft & vintage GEKKOSHA 6 th Anniversary Fair
Hello from Spring Kamikawa Region!』

期間:4/26(木)~5/7(月)
5/1・2の火曜・水曜日は定休日となります
時間:12:00~1800
場所:月光舎